外資系への転職

外資系の採用動向について。


最近、外資系の採用はあまり大きなトレンドの
変化はないようです。

が、その中で気を吐いているのが金融系。

これまで預貯金で運用されていた日本の個人資産が
インターネット株取引などの普及により、投資市場に
シフト。それを狙って、外資金融機関が一気に
日本市場への進出を本格化しています。

それに伴って、アナリストから営業/コンサルタントまで
幅広い職種で募集をかけています。



IT/メーカーに関しては、ひと段落でしょうか。
日本進出が落ち着き、勝ち組/負け組の差が
はっきりとしてきた雰囲気。

今後、勝ち組はますます拡大路線へ、
負け組は日本市場から撤退をするという流れが
明確になってくるはずです。


ただ、外資系の採用の場合、特徴的なのは、
ジョブディスクリプション;職務記述書が明確なこと。
基本的にポテンシャルでの採用はありえません。
やりたい人ではなく、できる人を採る。
それが外資系の採用です。

また、外資系で活躍できる人としては、
自分でコントロールをできること。
「仕事を教えてもらいたい」といったスタンスを
お持ちの方は難しいかも知れません。


また日系企業との違いでいうと、

・コアキャリアが一貫していれば、
 転職回数にはこだわらない。

・上にいくためには英語力は必須

というところでしょうか。



例えば、、、新卒で大手電器メーカーにはいったKさん。
エンジニアとしてのコアスキルを磨いたあと、ベンチャーへ転職。
ベンチャーでは営業企画からシステム構築まで幅広く担当。
その後、ドイツ系の外資電器メーカーへ転職。

1社目でコアスキルを、2社目ではそれを一貫させつつ、
自己管理マインドを身につけて、外資へ。

典型的な外資系への転職成功例かも知れません。

セミナー予約


posted by 求人 at | 求人情報の探し方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。