「希望の仕事」ではなく、「やったほうがいい仕事」

うちのトップコンサルタントAさんと話をしていて、
ふと出てきた会話です。

Aさんは新卒で起業。
つくった店舗が軌道にのり、仕組みも出来たところで、
運営は人に任せて自分は就職。
大手不動産会社に入社。
営業職として、全国4000人中1位の実績を残し、
その後、ジェイックに入社しています。

そのAさんと話をしていて、
出てきたのがこんな会話。



「カウンセリングをするときには、
 私は絶対、
 『私はあなたの希望の仕事を紹介するのが、
  仕事じゃありませんよ。あなたがやったほうが
  いい仕事を紹介するのが仕事ですよ』
 といっているんですよ。

 いやね、“希望”っていまその人が視野が
 固定されている状態じゃないですか。
 目に筒をあてて、世界を覗いているみたいね。
 
 あと、それにそれならリクナビNEXTででも、
 検索すればいいだけの話で。

 そうじゃなくて、5年後・10年後、
 どうなりたいんですか?
 どんな状態で仕事していたいですか?
 ということ。

 そして、現状ってどうなんですか?
 どんなスキルがあるんですか?

 というのを整理して、
 じゃぁそのGAPを埋めるためには、
 こういうことをするといいよね。
 こんなスキルが必要になるよね。

 それを満たすことのできる企業を
 提案してあげる。

 それがあるべきだと思うんですよ。」



その通りだと思います。

転職される方の87%は何らかの形で、
“現職への不満”が引き金だといわれています。

(残りの13%の大半は、
 会社の倒産などやむを得ない事情です)


ですので、それを解消する、その反動で、
「自分がいまやってみたい仕事」を
考えることが多いのではないかと思います。


でも、そうではなくて、
1年後、3年後、5年後、10年後、
どんな状態で、どんなスキルを身につけて、
どんな自分になっていたいですか?

じゃぁ、そのために、
いま何をするといいんだろう?

将来像や理想像から
ブレイクダウンしていく。


紹介会社の場合は、
それをキャリアコンサルタントが
相談にのりながらやっていきますが、
自分で動かれる際にも、
その考え方でやってみると
いいかも知れません。

セミナー予約


posted by 求人 at | 求人情報の探し方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。