「募集効果」狙い 宣伝合戦に拍車

「転職希望者向けに求人案件を掲載する転職情報サイトの
 運営会社が広告宣伝合戦を繰り広げている。サイトの
 知名度を高めようと、若者に人気のスポーツ選手や広告
 宣伝費を急拡大させてきた。人材の「売り手市場」は
 各社に追い風だが、利用者を増やし続けないと競争から
 脱落しかねないとの危機感が背景にある。」

          中略

「ただひとがび景気が悪くなれば企業は人材採用に投じる
 コストを絞り込む可能性が大きい。今後も淘汰は進み
 「生き残るのはせいぜい二-三」ともいあれる。知名度
 向上に向けたキャンペーンは当面続きそうだ。」



転職情報サイトは企業がコストをかけて、
「募集広告」を出稿する広告媒体。

従って、その媒体自体にどれぐらいの読者が
ついているのかで媒体価値が変わってきます。

その結果としての広告合戦。


数年のスパンをみると、いま無数にある媒体群が
数個に絞られていくだろうというのはその通りだと思います。

ユーザーにとっては、
求人サイトというのは「情報を検索する」サイト。
従って、もっている「情報量」によって、
価値が決まってきます。

そうなると、一度価値付けがきまると、
企業側/ユーザー側ともに拍車をかけて、
そこに集中していく。

インターネットのポータルサイトがそうだったのと同じく、
この後、数年でどんどん明暗が分かれていくでしょう。

セミナー予約






posted by 求人 at | 求人情報の探し方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。