「IBMの事業売却」から考えること

[IBMがプリンター事業をリコーに売却する」
という記事をご覧になった方は多いかと思います。


先日も「ファイザーが日本でMRを600人規模で
削減」というニュースがありました。


また、「不二家 経営再建へ」もあります。




仕事柄、採用やリストラ、退職が関わってくる
それらのニュースは必ずチェックをいていますが、
ここ数ヶ月、週に1度ぐらいはなんらかの大手企業の
M&Aや事業売却、リストラなどのニュースがでています。

どの会社も名前の知れた大手企業ばかり。

それぞれの会社に3年前に新卒なり中途で入社されている
方々にとってはまさに晴天の霹靂でしょう。


それらのニュースをみていると、どんな会社に
入っても“安定”ということは、保障されない
時代になってきたなと痛感します。


今後は“安定”という意味では、

「非上場で、ニッチ分野で圧倒的シェアを
 もっている中堅メーカーや商社」

というのがもっとも安定している時代かも知れません

セミナー予約






posted by 求人 at | 求人情報の探し方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。